水滸伝のすすめ-BEGINNER-


 もしも、あの日、あの人と出会わなかったら、僕の人生はどうなっていただろう。
 かえりみて、人は誰もが目に見えない運命の不思議さを思います。そして、この運命的出会いは、なにも人に限ったことではありません。
 もしも、あの日、あの本と出会わなかったら・・・。
 二十数年前、十二才の少年が田舎の小さな本屋で偶然目にした一冊の本。初めて会ったはずなのに、なんだか、とても懐かしく感じたのです。「水滸伝」と題されたその本の帯には、白魚のような若者が、黒い大男と水中で戦っている絵が装され、『悪徳官僚をこらしめんと、梁山泊に勢揃いした一〇八人の英雄豪傑の痛快無類な活躍を描く!』という一文が添えられていました。
 その夜、少年の心は、ゆめうつつをさまよい、無限に広がる異国の大陸へ飛んで行きました。そこには、海かと見まごう大河が滔々と流れ、耳を澄ませば、樹木の精霊のささやきが聞こえてくるのでした。冷たい風が頬をなでて行きます。少年はそこでさまざまな人と出会いました。九匹の龍の刺青をした若者、六十二斤の禅杖を操る花羅漢、虎を殴り殺した豪傑。或ものは雲に乗り龍を呼び、或ものは、七日七晩、水に潜る特技を持ち、又、或ものは日に八百里を走る。砲術のエキスパート、弓の名人、武芸の達人、天才軍略家、貴人に色男、大富豪からこそ泥まで、個性豊かな漢たち。彼らは皆、奇妙なほど我欲に乏しく、粋で、まっすぐで、素敵な大人達でした。彼らと共に泣き、笑い、少年は毎日が楽しくて楽しくて仕方がありませんでした。しかし、どんなに長い物語にも終わりがあります。その結末はあまりにも悲しいものでした。それでも少年は、又、彼らに会うために、幾度も幾度もその本を読みつづけました。そのうち彼らは少年の心の中に棲みついてしまったのです。
 故郷を離れ、都会の片隅で追われるように日々を過ごし、小市民的快楽に虚しさを感じながらも、少しずつずるくなっていく大人の私は、時々、少年のことを懐かしく思い出すのです。少年の傍らには彼らが立っています。「よお!兄弟」彼らは私に、親しげに呼びかけるのです。「こっちへ来て、一杯やらねえか」
 遠い昔、少年が踏みしめた地面には足跡ひとつなく、あの時と同じように、空はどこまでも高く、青く、道のない平原の若草色が無限に続いています。
 もう一度、彼らに会わねばならぬ。あの時見たものをこの目で確かめ、そして誰かに伝えねばならぬ。誰のためでもない、僕自信のために。そんな気がして、私は少しずつ旅の支度を始めたのです。そろそろよいでしょう。もうすぐ出発です。長い旅になりそうです。辿り着けないかもしれません。でも、きっと何か大切なものが見つかる気がするのです。
 どうです?よかったらあなたも、ご一緒しませんか?魯智深が、武松が、林冲が、史進が、楊志が、みながあなたを待っています。
 さあ、行きましょう。

 「いざッ!梁山泊へ!」


正子 公也



INDEX