次回予告-NEXT REVIEW-



次回(第124回「嵐の日、その星は輝き(五)その星の名は」)予告

杭州城、陥落──!
「方天定が逃げた!」
方臘の太子、“降魔”方天定脱出の報せに、騒然とする梁山泊軍。
百華兵を犠牲に逃げる方天定が目にしたもの、それは、来るべき光明清浄世界の夜明けなのか、それとも──。

“天魁星”、それは星々を導く星。
「逃げようとしても、それは、もう出来ぬこと」
“替天行道”の旗に、宋江は何を想うのか。

第百二十四回「嵐の日、その星は輝き」、次回いよいよ最終話、「その星の名は」──。



INDEX